kunkun

なんだかくすっとなれる、こころあたたまる雑貨を。

共感  



マンガばかり読んでいる私ですが、昔は(特に中学、高校)小説をよく読みました。
宮部みゆき、伊坂幸太郎、東野圭吾、湊かなえ、村上春樹、恩田陸、山田悠介、あさのあつこ、唯川恵、江國香織、
などなど。

今はなかなかゆっくりする時間、というかそんな時間あっても字をずっと読むのに疲れてしまって、
なかなか読めてないんですが、(こうやって書いていたら読みたくなる)
たまたまちょっと前に、友達から「生活はつづく」をもらいました。

今人気大爆発の星野源さんのエッセイなんですが、その子はそんな源さんのことを多分そんなに知らないで買って、
読んでみたら下ネタが多く、びっくりしていらなくなったみたいです、笑
読んでみたいなぁ、と思っていたし、ラッキー!と思ってもらいました。

私は性格がとても悪いので、人気がとてもある人をみんなと一緒に好き~いいよね~というのが好きではないので(私個人の気持ちなので、他の人がしているのはいいと思います!、
今とても人気の人のエッセイを読んで共感した~、なんてあまり言いたくないんですが、
ちょっとこのお話しはすごく共感できるところがあって、読んでなんだか救われた気持ちになったので
ここに書き記しておきたいと思います。

このエッセイはテーマごとの短編集になっています。
その中の「部屋探しはつづく」というはなし。

このはなしを読んだのが去年の秋ぐらい、もうめっちゃ忙しすぎて夜中に半泣きで作業していた時です。
あまりに追い込まれていたので、別のことがしたくなって、部屋にぽん、って置いてあったこの本をとったんです。

*

「昔から、なにかと1つに絞れない子供だった」

というところから始まる文章を読んで夜中にひとり、号泣していました。
源さんって、文章も書くし、俳優、歌手、バンド、いろいろやっているじゃないですか。
で、それだけいろいろやっていると周りから一つに絞った方がいいって言われてきたんですって。
でもなんでやりたいのに、1つに絞らないといけないんだろう、って思っている、っていう感じのことが書いているんですけど
すごく共感できて。
私はものをつくる人としていろいろやっていますが、最初は樹脂粘土でアクセサリー作ったり、それこそ本当の最初はビーズ繋ぎ合わせたり、刺繍してみたり。で、靴下作って、ハンカチデザインして、スリッポンに絵書いて、ワークショップやったり、写真もすきやからやったり、他にも紙雑貨つくりたい、服もデザインしてみたい、楽しいことしたい、誰かのお手伝いしたい、いろいろ見たい、誰かと何かしたい、
1つに絞れない、気がいろいろあるのはよくない、でも楽しいことしたい、って悩んでいた時期がありまして。
(今もやけど)
その専門の人ってすごくかっこよく見えるんですよ。
いろいろやっている私は、多分1つのことに自信がないんやと思う。
デザインの勉強して今があるわけじゃないし。

この本が出版されたのが、2013年。この時から源さんは人気やったけど今ほどではなかった。
でもこうやって今社会現象になるぐらいになっている。
すごい!
実行しとるやん、自分の決めた道で楽しんで、成功しとる。

とても勇気をもらったんです。
別にハンドメイドの世界で爆発的に売れて~~~!!!とかではなく(いや、売れればうれしいけど
地道に続けていけばいいんやけど、この話を読んで心にあった不安が流れた気がします。
自信がついたわけでもなく、自信がないのは変わりませんが、
あ、自分と同じ気持ちの人がいるんだ、そんな人が両方成功しているんだ、と勇気をもらいました。

制作もしたいし、プライベートも充実させたい、
旅行も行きたいし、新しいモノ作りたい。

それでいいのかな。





スポンサーサイト

category: hibi

tb: 0   cm: 0

暗示または意識の根っこのにある何か  



タイトルみて分かるように、今日はスーパー根暗モードです、ご注意ください。

ものすごく制作意識が湧いていたのに、一気に作る気持ちが失せてしまった先ほどの出来事。

*
*
*

母と電話するとき、三分の一ぐらいの確立で言い合いになる気がする。
でも家族なので、人恋しくもなり話したくなる時もあり、電話したんですね、
丁度妹が出掛けていて家に1人やったし。最近連絡できてへんかったし。
私的には何気ない話をしたり、とりとめのないことを話したかったんですが、あることで言い合いというか
母から否定され、私も黙って聞いて、うんうんっていうタイプでは全くないので言い合いみたいになったんですね。

聞いていて、腹が立つ、というよりすごく悲しくなったんです。
なんで応援してくれへんのやろう。
もう寧ろ泣きながら書いている。(話す友達がいないのでここに書くしかない)

話しの最終的にはモノづくりをすることへの反対やったんんですが、
母的には、いまやっていることを少しずつ縮小して行って、普通の会社からお給料をもらえる仕事を、という意見。
私的には、自分のやりたいことをしていきたい、人に言われた仕事ばかり、だけ、していてもつまらない。
もちろん、母の言うことが正しいのはわかります。私のことを考えていてくれているのは全部じゃないけどわかる。
家が貧乏やったから、ちゃんとお給料をもらえるという確実なのを求めるのも分かる。その有り難さも分かる。

分かっている前提で、何故私がしていることをちっとも応援してくれへんのやろう。
今やっていることを、母はほとんど褒めて、認めてくれたことはない。多分、ちゃんと見てくれたこともないんじゃないかな。
昔からそう。褒めてもらったことなんて私の記憶ではほとんどなかった。
向き合ってもらった覚えがあまりない。小さいころはあったかもしれないけど。

リレーの選手に選ばれたときだって、水泳何百メートル泳いだって、奨学金生徒に選ばれたときも、書道で数えきれない賞をとっても、通信簿がほぼ5だったとしても、靴下をつくっていろんな人に喜んでもらえても。

ただ、応援して欲しい、応援はしなくても全否定せずに聞いてほしい。

一番してほしい人にしてもらえない。

私はわたしの分析をする、
多分モノづくりの根っこにあるのは人から認められたい気持ちがとても強いことにある。
褒められるとすごく照れる(困る)けど、すごくやりがいを感じ、生きている意味を見出すことができる。
だからそこにこだわって作ることがやめられない、

周りをみると、応援しているひとが隣にいてモノづくりをしている人がほとんどな気がする。
だから私は常に人が羨ましいし、自分が常に満たされていない気持ちになる。
それが作る動力になっていることも事実。

でも、やっぱり。



*
母の言葉というのはとても強い力を持っていて、それを否定しても心の奥底ではそれを否定できない自分がいる。
暗示のような、意識の中で。

否定されても、どこかで受け入れている自分、それにいつも苦しむのです。
そして嫌になる。

この沼に何年間もはまっている。

*
そして、電話の最後は母が、見たいドラマあるから切るよ。の一言。


*

*

*

母を全面的に悪者にしてしまっていますが、そういうことではなく、自分の心を整理?したかった?
だけです。あと、この気持ちがどうしようもなくて。
昔から家の事情で働き詰めだった母の気持ちを分かってはいないけど知ったうえで書いた所存。


category: hibi

tb: 0   cm: 0

やる気、でろ。  



いろいろ燃え尽きたのか、1月からやりたいことは山ほどあるのに(やらなくてはいけないことも山積み)
全然体が動かなくて、あ~~~ってなってたんですが
先日書いた予定見直したら、あ、時間ない。って気づいたので動きだしたんですよ。
動き出したらいろいろ日程的にきついコトに気づいて、慌てだした今です。

強制的にやる気モード。

category: hibi

tb: 0   cm: 0

好きとオタクの境界線  



去年の年末に、amazon fire stick tvを買いまして。
アマゾンプライム会員やと見れる動画(映画やドラマなど)がテレビでも見れるんですよ。

まー、素晴らしいものでして。
最近テレビをもっぱら見なくなったのですが、ごはん中は何かみたいじゃないですか、
アマゾン動画を見るんですが、アニメが充実していまして。
最高なんですよー。

1月前半は制作予定が落ち着いていたので、空き時間はマンガ、アニメ三昧の日々でした。
アニメ見ない派やったんですが、良いですね。

最近みたアニメでよかったのは、「昭和元禄落語心中」かなぁ。
ユーリ、弱虫ペダル、銀魂、だがしかしとか見ました、ドラマではSPEC天、映画はヘルタースケルター。
あと漫画は、ジョジョに手を付け始めました。最初絵がなかなか厳しかったけど、今4部に入った!
でも1月末からなかなか時間がとれなくなってしまい、ストップ中。

落語心中は、つい最近マンガ最終話までやっと読んだんですが、自分の中でトップ10に入る
印象に残る漫画でしたね。
このマンガ、ものすごい賛否両論で、嫌だ、って言っている人の意見も分かるし、良い、っていう人の意見も分かる。
ちょっとこのマンガについてはゆっくり書きたいなぁ、と思っているんやけど、すごく心に爪痕を残されました。
読んだ後2、3日ずっと考えてましたもん。

漫画好き、って思って言ってましたが、オタクなんですかね~
境界線はどこなんやろう。

category: hibi

tb: 0   cm: 0

2017健康PJ  



全くの運動不足です。
今年は健康の為にもちょっとずつしていかないと。

何年か前は屋久島に行くため、山登りやランニングをしていましたが、最近はストレッチさえしていない状態。

とりあえず、昨年の秋頃かった水着(簡単な競泳用)を使うべく先々週、初市民プールへ行ってきました。
朝行って、お昼帰ってきてから、お昼ぐったり。ずっとお昼寝してました笑。
でも泳ぐの楽しかった。
最初なので、歩いたり、のんびりビーチ板でバタバタしたり。
でもとりあえずちゃんとビーチ板なしで100M、潜水20mぐらい。昔はもっと泳げたのに、体力落ちたなぁ~。
近所にある施設はプールの他にもアスレチックという名のトレーニング部屋が。
冬はそこでもいいなぁ。
目標月3回いくぞー!(目標が低い。笑
ゴルフの打ちっぱなしもしてみたいなぁ~。

いろいろやるぞ~。

プールはとりあえず500m、潜水25m目標!

category: hibi

tb: --   cm: 0

書道  



保育所の頃から大学の時まで、習字を習っていました。
その間で、辞めたり教室を変えたりしていましたが、今思えば一番長く続けていたことやったかもしれません。
(今やっている靴下が一番長くなるのかなぁ、まだまだ先やけど)

この写真の字は、書道習っていました!って言えないレベルですが笑
字を書くことは今でも好きです。
時間があれば今でも習いたいと思う。

そうそう、高校は1年の後半ぐらいから書道部でした。
何故後半かって?バスケ部やったんですが、しんどい+先生が怖すぎて退部しました。笑
中学バスケのわいわい感より厳しくなって辞めちゃたんですよね~
書道は文化部でしたが、夏合宿もあって、1泊2日青年センターみたいなところで、他の高校の人たちに混ざって
朝から晩まで書き続けるという、意外とハードなものでした。
でも嫌じゃなかった気がする。
個人的にも、展覧会?前には書道の先生のところに夜ご飯食べたあと押しかけて夜0時まで書くってことしとったなぁ。
今思うと、書道の先生おじいちゃんやったけど相当迷惑やったやろうな。。。
なんかほっといてくれたからよかったけど。
その時から夜型プラス一人好きか。笑

写真みたいな字だけじゃなくて、かな(古典の教科書に出てくる、かなが続いとるやつ)や篆書、隷書、
いろいろな形の文字があるんです。
どれも字の特徴があって、癖があって、面白い。
大きい作品とかになると何十文字もずらずらと書くんやけど途中で失敗したときのショックったら。
石を掘って自分の印を作ったりも(分かりやすくいうと消しゴムハンコ的な)。

今思うと、高校の時、図書館行くか、書道するか、勉強か、やったんかなぁ。
うわぁ~。笑
ま、サイゼリアに初めていったのが、短大の時でしたからね!パスタ安すぎて感動した。
あんまし高校の時の記憶がない・・・。

なんか字、また習いたくなってきたな、ペン字でも始めようかなぁ。

category: hibi

tb: 0   cm: 0

2017ねん、目標  



2017年kunkun目標

・新作を作る
・作品の写真に力を入れる
・予定はほどほどに

個人的には
・カフェに行く
・出掛ける
・本をよむ
・デザインに触れる

余裕をもっていきたいものです、30のとし。

category: hibi

tb: 0   cm: 0

2017年1月1日  



今年もよしなに。

category: hibi

tb: 0   cm: 0

行く年来る年  



さてさて、残り1日で今年が終わりますがどのような1年でしたでしょうか。

毎年のことですが、今年も・・・あっという間に過ぎてゆきました。
本当に早すぎて、季節に追いつけないまま。
年齢を1つ重ねましたが全然自分の中身が追いつけないまま。

あれよあれよと過ぎていった1年。
振り返ってみると笑えるぐらいいろいろありました。

作ること、たくさんしましたね~。
年明けから、いろいろお声掛け頂き、新しいお店に納品させてもらったり、
東京もあれば、京都、いつもの大阪のお店、神戸のお店様にお世話になりました。
3月には、大好きだった稲沢のカフェのnico food &drinkさんでワークショップさせてもらいましたね。

4月、とてもよく行く(多分今年一番足を運んだかもしれない)一宮のkononさんで10周年の企画展に参加させてもらったり
京都や香川、三重の初めましてのお店様に扱って頂いたり、
イベントもたくさん参加させて頂きました、
アルトゥエン、海辺百貨店、
そうそう、プラリネさんとokashi no hacoを作らさせてもらったものこの時期ですね。ありがたや!
5月は大阪にて個展、また愛知県では森道市場に参加を。
6月には名古屋大学さんにてワークショップさせて頂きました。

もうこの辺は随分昔、今年中のことなのか!という感覚ですね。

7月はちょっぴり休んでいて(上の予定を見ているかぎり、力尽きたと思われる)、
香川県の新しいお店さまに期間限定納品を、
8月はうみじかんさんの周年企画展に参加。

9月、東京の企画展へ、岐阜県でハナウタランドというイベントをbuchiちゃんと企画もしたなぁ、
そうそう、広島へパン企画関係で参加させてもらいました。
10月、東京の企画展、大阪のワークショップイベント、一宮の暮らしのマルシェ、
東京のパン企画イベント2つに、愛知県のお店さまでの企画展。
東京の新しい委託先様も期間限定で始まりました。
この辺は記憶に新しい、そう、ここからkunkunトライアスロンが始まったのです。笑

11月は、海辺百貨店、土手ミチ、ASTOREHOUSEへ出展、
宮崎県のお店さまで個展もさせて頂きました。
念願のミュージアムショップさまのお取扱いも11月でしたね~。

12月、クリエーターズマーケットと、愛知県にて2人展。

ひゃ~、書いとって思ったけど、頑張ったなぁ。と。笑
あんまり自分に甘えたこと言いたくないですが、今年は特に。

個人的なことやと、沖縄に旅行に行ったり(はっ!レポート)、帯状疱疹になったり
あと髪の毛が5,6年ぶりに結べるようになりましたね~。
あと体重がここ数年で一番増えたかなぁ、運動しなければ。

あとはふとした時に、自分を客観的に見るようになりましたな~。
あと、周りの人たちに本当に恵まれているなぁ、と強く思う1年でした。

毎年言っているような気もするけど、忙しいことを棚に上げて自分のことに時間をかけることができなかった気がします。
周りの人にもなんにもできなかったなぁ。

kunkunを第一に生きていた1年やった気がします。

駆け抜けた日々でした。

後悔はありません。

*

ありがとう。

*

また来年。



category: hibi

tb: 0   cm: 0

年末ですなぁ  



スケジュール詰めつめやった秋から、すこしのんびり過ごしている現在。
は~、ゆっくりできるって最高。

いつもお世話になっている雑貨屋さんにてそれぞれ食べ物を持ち寄ってのイルミネーション会、
普段のメンバーと韓国料理で忘年会、
プラ板作家のミホさん繋がりでお知り合いになった作家さんとまったりごはん、
いつものカフェスタッフのお友達とカフェ会、
地元の高校友達とカラオケ、

ゆっくりと言いつつも、いろいろ予定あって、ありがたかった~
予定先延ばしにさせてもらっていたのに・・・
こんな私と遊んでくれてありがと~。

いや~、カラオケ、飲まずに行ったの久しぶりやったんやけど(そもそもめったにいかない)
自分の想像以上に下手すぎて友達引いてました。笑
(多分これ読んでいる人が想像する5倍音痴ですよ、私は。)

月末は書類処理しながら、新作考えつつ~、いろいろダラダラして~
マンガ読んで~、アニメ見て~
靴下も作って~、カフェに行って~
そんな一年の終わりで行きたいですね。

category: hibi

tb: 0   cm: 0