kunkun

なんだかくすっとなれる、こころあたたまる雑貨を。

はちみつヨーグルトばなな  



はちみつ×ヨーグルト×バナナ

最高においしいです。

作業の合間の夜食に食べます。

スポンサーサイト

category: hibi

tb: 0   cm: 0

2016.2月 TOKYO  



お知らせ。

東京のお店、メゾンドブルーエさんのギャラリーにて、1か月限定の展示販売を行います。
HPみたらわかります、とにかく素敵そうなお店です。
雑貨もきっとかわいい。
私は残念ながら伺ったことはないのですが、機会があれば行きたいです。
パリっぽい、おしゃれなお店。
たくさんの洗練された雑貨の中、靴下たちもきっとドキドキすることでしょう。

Bleu Bleuet メゾンドブルーエ
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-13-3
HPはコチラ
2Fにて、1か月限定のPOP UP SHOP
2016.2.1-2.28

socksks、kuloth、ブローチをご用意します。

・・・
神宮前っていえば、前に東京行った時、その編行きました。
なんか東京っ!って感じのおしゃれな通りもあって、ドキドキしながら歩きました。
原宿から歩いて行けますね。

category: handmade

tb: 0   cm: 0

日々のすきまにビスケット(深めに2016)  



『日々のすきまにビスケット』
2015年春から始まったテーマですが、今年2016年も引き続きこのテーマでいきます。

2015年掲げたテーマで、buchiちゃんにも協力してもらってカタログも作って、イメージたっぷり固めて臨んだテーマですが、
いまいちみんなに伝わっていないのを感じました。
みんなに伝わっていないというか、わたしが伝えきれていなかったのが大前提。

2015年はイベント出展を再開した年でもあったので、私の中でテーマを理解して動いていたつもりやったけど、
端々にしかきっと伝わっていなかったんやと思う。
これが、自己満足というやつですね・・・。

そもそも、この『日々のすきまにビスケット』っていう言葉を残すのが、このテーマの目的ではないのに、
私は言葉を重視してしまった気がします。

このテーマは、

日常には、自分が気づいていないだけで、【楽しい】って思える要素があるんやよ。
そのきっかけになるのが、なんでもいいんやけど、kunkunの雑貨達であればうれしいな。

っていうkunkun自体のブランドテーマにつながっています。

毎日は続き、生活していく中で、毎日の暮らしとか、仕事とか、生活とか、いろんなことの繰り返し。
疲れている人、嫌になっている人、いるかもしれへん。

その中に、自分のうれしいモノやわくわくする柄があれば、ちょっとした、ほんのちょっとの幸せの感情につながるんじゃないか、
という気持ちを込めています。

だから、kunkunでじゃなくていいけど(kunkunであって欲しいけど)、
きっかけづくりにもつなげる役割を今年はできるといいなぁ。

手作りする人が増えていて、誰でもふわっと、そういうコンセプトを言える今。
kunkunとしてできることを、自分も楽しみながらできることを続けていこうと思います。

今年は自分だけじゃなくて、お店、作家さんいろいろ巻き込んでできればいいな。
より日常に近づけるモノづくりをしていきたい。

あなたにとっての「ビスケット」=「楽しい」が見つかりますように。





category: handmade

tb: 0   cm: 0

漫画ネタ5  

今まで読んだ漫画も記しておかないと。

有名すぎるところ、みんな知っているよね編



バスケ部でしたし、青春とか全部この中。
ミッチーにあこがれて、3Pシューター目指していました。笑
学生でバスケやってた人で、読んでいない人いないんじゃないかってぐらいみんな読んでいたはず。
逆にこの漫画持っていないので、自分でもなぜ?って感じ。
持っていないことを恥じ、1~5巻まで買いました。笑
少しずつ集めていこうと思います。
それにしても、100刷以上の重版って。すごすぎる。



まあ、知らない人いないんじゃないかっていう。
絶対面白いし、これも何故もっていないんだろう、自分。



アニメも見ていました。
多分小さい時に読んでいたせいか、最後の話しまで覚えていなかった。
ここ最近(といっても1年ぐらい前)に最後まで読んだんですが、結構ヘビーな内容でしたね。
もちろん面白い。



現在進行で読んでいます。
みんな知っているので、特に言うことはありませんが、深い漫画だ。
大人になって読むほうがいろいろ考えさせられる。



これ、最後まで読んでいないんですよねー。
途中で買うのやめちゃったので、最後まで読みたい。
というか読まなければ。
ちょいちょい生活しているとネタバレに遭遇しちゃいましたけどね笑



category: manga

tb: 0   cm: 0

デザインフェスタレポート 番外編②前日、他  

長々としていたデザインフェスタのレポートもこの記事で最終です!
(長かったですね・・・!)
今回の記事は、番外編その②、デザインフェスタ前日前乗りした日に行ったお店などのことです。
食べ物ばっかり・・・笑

前々から行きたかったお店ばっかり○


sw11 kitchien
お店がゆるすぎて、12時オープンに合わせていったけどまだオープンしてませんでした。笑
でも、声をかけたら入れてくれた。
ここのお店のオーナー夫婦、スタイルブックにチラチラ載っているお二人。
奥様のスタイルがめちゃくちゃ好きで、お会いできたとき、わぁ!と声をだしてしまった・・・。

s_149.jpg
カレーを食べまhした。思っていたより本格的でとってもおいしかった。
また行きたいなぁ。

s_153.jpg
私お得意の何年か越し、foodmood。
シフォンケーキは手で頬張るように食べる。
幸せ。

s_155.jpg
お店の看板。

s_156.jpg
お店前にあった、ポスター?
イラストっていうか、お店もやけどおいしいだけじゃなく、細かいところがかわいかったんです。
こういうところ、めっちゃ勉強になりました!

s_194_20151129202355bd6.jpg
ここはデザフェス1日目の終わりに大好きな作家さん、ヤマムラエツコさんとご一緒させて頂いた
中華やさん。安くておいしかった~
エツコさんの作品はもちろん、お人柄がすき。笑った時の笑顔なんて、癒し以外の何物でもありません(←変態
みなとみらいやったかな?行くところ調べてもらっていて感謝!エツコさん、エツコさんの旦那さまありがとうございます~!
たくさんお話ししてあっという間に時間がたっていた。

s_195.jpg
中華やさんが入っていたモール?なんかプロジェクションマッピングか何かよくわからんかったけど
天井が空で、東京さすが!ってひとり言っていました。

・・・・

初めてのデザインフェスタ、本当に楽しかったし、出展して良かった。
反省点はいろいろあるものの、自分の思うディスプレイに近い状態に仕上げれた。
何より、お客さんが東京に来るの待っていた!って言ってもらえたのはこの上なくうれしかったなぁ。

次回の春(2016年春)は出展しませんが、またきっと出展します!
長々とありがとうございました!

・・・・







裏話

デザフェス2日目、元々風邪をひいていたこともあり、3日間の疲れがドッと来たのか
帰りの新幹線で体調が猛烈に悪くなってしまいました。
何とか休みやすみ駅を乗り換え、自宅近くの駅まで行き、妹に迎えにきてもらったのですが、
妹の顔を見た瞬間、すごい安心してしまい、号泣。
妹ドン引き。笑

今となっては笑話ですね。こうやっていっつも笑話にするから学ばないのです、私は。

体調管理、大事です!笑

本当に内容の濃い3日間やった。


category: event

tb: 0   cm: 0

デザインフェスタレポート 番外編①ホテルの過ごし方  

デザインフェスタレポート番外編!
キロクとして、kunkunホテルの過ごし方です。笑

なんかビジネスホテルってテンション上がりません?
家とは違った、自分だけの空間。
いかに数日で自分の居心地のよい場所にするかがポイント・・・!

s_159.jpg

泊まった場所は、大井町駅。デザフェスの会場に乗り換えなしで行ける場所に。
今、外国人の方多そうやし、デザフェスでホテル埋まりやすそうやったから、インターネットで予約でる前に電話で
予約しました。メールとかで確認できなくてちゃんと予約されているか不安やったので、宿泊1週間前に電話で再確認。笑
東京バニアンホテルという、結構古めのビジネスホテルです。
その分料金が良心的。
すぐ近くに新しめの大きいビジネスホテルができていたので、大変なのかな~と勝手に心配。



デザフェス前日から東京に来たので、2泊3日このホテルに宿泊。
1日目は東京のいきたいところに行ったので、荷物だけ先に預けにきました。荷物預けるにも、品川から楽にこれたので便利だった。品川のコインロッカー・・・平日お昼前はほぼ空いてなかったです・・・。
本当はコインロッカー使おうと思っていましたが、諦めてホテルへ。
1日目の夜、ホテルの部屋でスーパーで買ってきたものたちを食べました。
カップラーメンと、サラダ。
夜遅くまでやっているスーパーが駅すぐ近くにあったのでよかった~
こういうとき、余計なもの買いたくなるのは私だけでしょうか・・・笑
朝ごはんもこの時買いました。
牛乳(500ml)と、カップの味噌汁と、いなりずし。
朝に絶対牛乳を飲みたい人です、私は。

s_201.jpg

2日目の夜かな。お風呂行ったあと結構深夜。
1日目に行ったfoodmoodでかぼちゃのシフォンケーキを夜食用に、と買っていたのでおやつとして。
泊まったホテルでは、飲み物のパックが無料で持っていってよかったので、コーヒーを。(ありがたい!)
コーヒー以外に、紅茶とか煎茶とかありました。
買っていた牛乳で割って飲みました。牛乳をレンジでチンできれば完璧やった。

s_199.jpg

めっちゃどうでもいい話ですが、大体安いホテルってトイレとお風呂一緒になっていますよね。
私、それが苦手で・・・我慢して入れるんですが、疲れていたし初めてのデザフェスやったのでこういうところでストレス感じたくなくて。ホテルのHPで紹介されていた、歩いて2、3分ぐらいの地元銭湯に1日目、2日目の夜通っていました。
露店風呂もない本当に地域密着!って感じの銭湯でしたが、値段も良心的でおばあちゃんが番台でほっこりしました。
銭湯も、この近くに新しくできたであろうスーパー銭湯がありましたが、こころからおばあちゃん頑張れ!って勝手に応援してました。この銭湯は、すえひろ湯さんです。
スーパー銭湯もいいですが、人が身近に感じられるこういう銭湯もよいものです。

s_160.jpg

朝牛乳を飲んだり、窓を開けて空気を入れ替えたり、銭湯でほっこりしたり、
自分なりに居心地よく過ごせました。
ホテルも古かったですが、加湿器があったり、紙コップをもらえたり(朝の牛乳用、笑)、銭湯を教えてもらえたり、
といろいろ配慮している感あったのでよかったなぁ。と。

category: event

tb: 0   cm: 0

ごはん!  

愛知県に来て、舌が肥えたと思います。
おいしいものたくさんやし、いろいろなお店に行きやすい。
そして最近モノを買うよりもおいしいものを食べたい欲のが強い。

おいしいって幸せですね。

s_046.jpg
岐阜 yama5ya

s_056.jpg
岐阜 hinatabocco

s_066_2015112920183386d.jpg
愛知 太門

s_071.jpg
愛知 un peu


愛知 ネコ目

category: eat

tb: 0   cm: 0

デザインフェスタレポート⑤2日目  

デザインフェスタレポートお久しぶり記事シリーズ。
今更感半端ないですが、もう少し・・・?なので書き上げていきます。
準備編~1日目まで書いたので、あとは2日目と番外編(まだ書くんかい!)を書いたらおわり~。

イベント前準備編①はコチラ
1日目②はコチラ
1日目③はコチラ
1日目④はコチラ

久しぶりで記憶が曖昧になってきていますが・・・。
2日目です!


s_261.jpg

(2日目の写真なさすぎて、帰りの写真です。笑)
2日目、ディスプレイを少し変更するため、8時ぐらいに着くように出発しました。
この日、デザフェスが終わり次第、名古屋に帰る為ホテルのチェックアウトも出発時に済ませてきています。
地味に、チェックアウトの為に前日と朝にしなければいけない荷物のまとめが面倒でした。
1日目の7時着よりは遅い出発でしたが、1日目からの2日目ですので結構疲労感。

ディスプレイ変更するにしても、大きくは変えへんし、3時間あれば余裕やからごはん食べたりゆっくりしよ~って思っていたのですが、まさかの準備終わったのが11時ギリギリ。
なんであんな時間かかったのかよく覚えていません、謎です。笑

2日目のディスプレイの写真なくて、しまった~と後悔半端ないですが、何を変えたかというと・・・
・壁の絵やコメントを増やした
・壁の上に釘を挿して、ヒモを吊るして靴下やkulothをクリップでぶら下げた
(壁の上とは、側面ではなく4cmの上部、端から端に紐を掛けて、天井からつるすように。)
・靴下の飾り方で、1日目バラバラにしていたのを、種類別やカラー別に分けた

そういえば壁の絵書くのをポスカ使っていたのですが、地味にインク消費するので2本以上は使いました。

s_234.jpg

2日目は、1日目に比べて購入するぞ~って感じのお客さんが少なかった気がします。
素通りの方も結構いました。
あの、女子グループ特有の、「作ればいいじゃん、出せばいいじゃん」グループもいた。
(数人で来て、ブース一通りみて、友達同士で作れるじゃんって言う人たち)
も~それ言われるのダメージ来るよ。出している人の前で言っちゃあかん。
じゃあほんとに出せよぉぉぉっ!!!って思う。(口悪kunkun)
そして実感したのが、ブースが奥まっているので人の流れがなかなか来ない~
1日目から実感していたことなので、目立つように上に紐を吊るして、socksksとかkulothかけたんです。
人の流れは自分の実力もあると思うのですが、ブース違った場所やったらどうやったのかなぁ、と考えていました。
でも、この端やったから、自分の思うディスプレイができましたし、このブースの利点もあったんですけどねっ。

人の流れはそんな感じで、片づけのこと。
帰りの新幹線とか混雑が心配やったので、確か5時ぐらいから片づけ始めたと思います。
この時、お手伝いしてくれた、さおりちゃん(刺繍作家さん)がめっちゃ助けてくれて、帰りの支度まで一緒にやってくれました。
2人でのんびり片づけて、会場出たのが確か6時半ぐらいやったかな?

<帰りの荷物発送について>
私の荷物は、2箱(140サイズぐらい)郵送して、キャリーケース3泊ぐらい用と、リュックと手提げ。
で、帰りはキャリーにいれたりして1箱にまとめることができたので、1箱郵送しました。あとは手荷物。
帰りの郵送は、ちょっと早い時間だったからか(6時過ぎぐらい)、受付は全然混んでいませんでした。
デザフェスに出た他作家さんの話しやと、7時前後(終わる時間)に行って、並んだらしいです。
私はとりあえず郵送の伝票を先に取りにいって、荷物早めにまとめて発送しました。
伝票を取りに行ったときに、一緒に台車も受付で借りてしました。
荷物は大きさでなく、重さで値段が決まっていましたよ~。もう疲れていてお金をその場で払うのも面倒だったので
着払いにしたのですが、手数料を200円ぐらいとられていたので、その場で払えばよかった・・・と後で後悔しました。

荷物を家に発送して、安心したので、自分のブースに戻って床に貼っていたマスキングテープを剥がしたり
最後の片づけ。
2日間自分が時何十時間も居た場所やったので名残惜しかったです。

あ、ちなみに他の出展者さんのレポで下がコンクリートやから、スリッパとかあった方がいい、
立ちっぱなししんどいから~と読んでいて椅子とか用意していたのですが、私は案外大丈夫でした。
普段運動しないので、やはりしんどいですが、2日とかならいけましたね。
多分テンションあがっているのもあったかもですが。
お手伝いしてくれた子にお店番変わってもらってごはん食べる以外は立っておりました。

あとなんかあったかな~これぐらいかな。

・・・ここからは思い出。


ブローチでコラボさせてもらったmimieのミホさん(右)。
なんと!!!!北海道から来てくれました。うれしすぎた。なんか、今まで電話とかメールでやりとりしていたので
会えて何話せばいいかわからんくて緊張しました。笑
東京に来るのはしっとったけど、ミホさんの用事の場所と離れとったし、まさかまさかの。
うれしかったなぁ。

s_264.jpg

何より、見てくれている方、着てくれた方、応援して下さった方に気持ちを込めて。

s_252.jpg

今回、私が2日間出展できたのは、お手伝いしてくれた2人のお友達作家さんのおかげ。
1日目は、アクセサリー作家fabbricamanoのワタちゃん。
2日目は、刺繍作家nakadesaoriのさおりちゃん。
本当にありがとう、たくさんの感謝。
写真はさおりちゃんとわっしょい。

s_266.jpg

お友達の作家さんも遊びに来てくれました。
biscuitのゆきちゃんからてづくりクッキー。ありがとう。

s_securedownload (1)

そしてたくさんの差し入れを頂いてほんとうにうれしかった、
風邪をひいている、とSNSとかブログで言っていたので、のど飴とかみなさん心やさしい~;;

今回出展して、
関東の方になかなか来ないので、今回来ました!とか、
前々からやっと!とか、
手にとれてうれしいなど。
本当に来てよかった・・・と思いました。

たくさんのありがとう!!!
この気持ち忘れへんように、大切にこころにしまっておきます。



レポートおわり。

category: event

tb: 0   cm: 0

憧れおかし  



有名店すぎるおみせ、
foodmood のBOX。
デザインフェスタに行ったとき、前日買ってきました。
国立・・・遠かった笑。
お店でりんごのシフォンケーキも食べましたがこれまた・・・!!!

ひとりで食べてももったいないので、いろいろな人におすそわけして頂きました。

おいしかったなぁ。

一番は、グラノーラが好きやった。

というか、言われるまで気づきませんでしたが、なかしましほさんの本、持っていた笑
1回作ってから本棚の肥やしになっていた。
お菓子はつくるより食べる方が、すき。



category: eat

tb: 0   cm: 0

2016.1.4  

年賀状2016_convert_20160104225221

あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願い致します。

・・・

ガキの使いみながらPCと向き合い年越しした2015→2016。
今年も自由にすすんでゆきたいと思います。

どんな1年になるんかな、
後悔をなるべくしないように、いい意味で後ろを振り向かないような
笑顔たくさんの1年にしたいなぁ、と思います。

category: hibi

tb: 0   cm: 0