kunkun

なんだかくすっとなれる、こころあたたまる雑貨を。

今年最後の企画展、終了しました。雨の本屋さん  



いろいろとこちらで告知漏れがありましたが・・・(ワークショップのこととか)
雨の本屋さんで行われた、コチカちゃんとの企画展、giftが終了しました。

『gift』
クリスマスプレゼントや年末年始に会う家族や友人へのお土産に。
もちろん1年間頑張った自身への贈り物を。

裏テーマが、才能ある創り手(=gifted、英語で天才のことをギフテッド)達の作品を手にしたり、
ワークショップで共に過ごす時間を贈る、という意味を込めて。

店主のゆかりさんが考えてくれたテーマです。
裏テーマまで考えてくれるという、なんんともゆかりさんらしい心遣い。
私は天才とは程遠いですが、こんなふうに考えてもらえてうれしかったです。

1週間という短い間ですが、お客さん、来てくれた方が心躍る気持ちになってもらえたら
これはなんともうれしいことです。
ありがとうございました。

作品も人柄も大好きなコチカちゃんと、いつも暖かく見守ってくれてこれまたセンスあるゆかりさんと
今年最後に3人で企画展できたことに感謝です。

写真、最終日お客さんみんな帰ったあと、コチカちゃんが本コーナーに夢中になっていたところ。
ゆかりさんの選ぶ本たちは、なんだかすっと自分が必要としているものがある気がする。
面白いもの、響くもの、気になるもの、その空間にずっと居たくなるんです。

本、やっぱり好きやなぁ。

前にも書いたかもなんですが、私は高校生の頃、帰り道毎日のように図書館に通っていた時期がありました。
普通の高校生のように友達たちとファミレスにも行かず。笑
高校の図書館も古くて、人があまりいなくて好きやったなぁ。別棟みたいなところにあって教室から離れていたんですよ。
放課後のしん、とした冷たい空気。古い本棚の色。本の匂い。

あ、図書館行きたくなってきた。

そんな本好きもあって、このように本屋さんで企画展に参加できてうれしかったです。
間に合えば、本の靴下も作りたかったな。
またいつか。



ワークショップ、今回でとりあえず終わりにしようかな~っていう気持ちでのぞみました。
相変わらず、要領は悪いは、説明は下手で参加して下さったかたにご迷惑をおかけしてしまいましたが
(そして、自分でするより緊張した)
みなさんが出来上がったとき、満面の笑みで『かわいい~~!!!』と何度も言ってもらえて
幸せ絶頂でした。
その笑顔を見てしまうと、またやろっかな~~~って思ってしまうんですが、
それやとまたいつもの繰り返しなので、ワークショップは今回で暫くおしまい。

このデザインは、雨の本屋さんの為に作ったもの。
雨の本屋さんの元から本たちが飛び立っていくイメージ。

スポンサーサイト

category: event

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kunkun93.blog2.fc2.com/tb.php/708-756a098d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)