kunkun

なんだかくすっとなれる、こころあたたまる雑貨を。

モノトンの春に、終えて  



えっと、何から書こうかな。

とりあえず、名古屋のボンさん(faire des bond)でやった「モノトンの春に」が終わりました。
うん。

ん~、なんかすごく、この展示にどっぷり浸かった自分がいまして、
終わったんですが、終わってないような、はたまたすごく前に終わったような、
不思議な気持ちです。

この場所に初めて来たときから、秘密基地のような、名古屋にあって名古屋でないような場所が好きで
オーナーの浅井さんに展示しませんか?って言われた時からそれはそれは
自分にプレッシャーを与えていまして、
展示がはじまるまでが本当に長かった・・・

展示ってなんだ?個展ってなんだ?からはじまった自問自答。
(このはなしをスタッフさんにしたら、考え過ぎでしたね、って笑われた。
この展示の前、2月に版画のコチカちゃんの個展を手伝いに行ったのも結構影響している。
そう、コチカちゃんも版画やったから白黒で。
展示がまた場所にあっててよかったんですよ。
また魅せ方が上手くてねぇ。
それを見て余計にプレッシャー感じてしまって。(誰に対してでもなく笑、作家として
まー、こんなに追い詰められたことないぐらい追いつめられました。
あんまし記憶にないぐらい。

でも、
この場所で、この展示ができたことが本当によかったって思えるものになったかな、と。
普段私は、こういうことが終わるたびにもっとできたんやないか、
全然だめだ~っていうのを繰り返しているんやけど、
今回は、結構理想と、頭の中と、現実が近しいものになって、いろいろ歯車がかみ合った感じ。
うん、よくできた、とおもう。

最初オーナーさんは、カラフルで多分誘ってくれていたんやと思う。
でもあえて自分からモノトーンにした。
初めてやることで、お店としても全然見込みが立たなかったのに、作家さんがやりたいことやりましょう!って言ってもらえて
ただ感謝です。

カラフルを売りにしてきた(と思っている)kunkunとしては、結構すごく勇気がいりました。
カラフルをとったら、kunkunの価値ってあるのかな、ぐらい。

でもそれがやりたくて、その場所に合わせた展示というものがしたくて。
結果、自分にとってもこれからしたいな、と思うことがふんわり決まった気がします。
ボンが名古屋に居てくれて本当によかった。
居てくれなかったら多分、この展示や作品はできなかったなぁ、って思う。

たくさんの方が来てくれました。
初日~3日目は想像以上で、靴下がとても品薄になってしまっていたみたいで
折角来て下さった方には本当に申し訳ない・・・(反省!反省!)
在廊日にも、友達や、初めましての方もいれば、いつも来て下さる方のお顔を見れてほっとしたり
わいわいしたり、本当に楽しくさせてもらいました。
わざわざ神戸から来て下さったかわい子ちゃんもいて、まーうれしかったです。
(お手紙泣けた・・・)

スタッフさんも、私の相当長い靴下の説明やいろいろを根気強く聞いて下さったり
細かく状況を教えてくださったり、この人とお仕事できてよかったなぁ、としみじみ。
最終日は別店舗のスタッフさんもかけつけてくれて、みんなでわいわい話しながら片づけました。
いろんな出会いに感謝ですね。

名古屋で初めての個展でしたが、
この場所で、このテーマでできて本当によかった。

幅の広がったkunkunを(笑
引き続きよろしくお願いします。

っていう、いつも通りまとまりのない感想文です。


*

モノトン、これから作品としてどうしていこうかなぁ。
とりあえずデザインフェスタに持っていきますが、その前後のイベントには多分出さなくて、
またどうしていくか考えたら発信します。
スポンサーサイト

category: handmade

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kunkun93.blog2.fc2.com/tb.php/734-e3728327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)